世界最古の天文盤、ネブラ・ディスクの出土地を訪れる

 

ある秋の日曜、私と夫はザクセン・アンハルト州の小さな町、ネブラを訪れることにした。世界最古の天文盤とされる「ネブラ・ディスク(die Himmelsscheibe von Nebra)」が出土された場所を見るためだ。

 

(Flickr/Patrik Tschudin)

 

ネブラ・ディスク、それは1999年に発見された天文盤だ。紀元前1600年頃の青銅器時代の遺物とされ、現在はユネスコ記憶遺産に登録されている。青銅製の円板の上に太陽と三日月、そして32個の星を表す金のインレーが嵌め込まれている。

 

この天文盤はミッテルベルク・プラトーという丘陵地にあるネブラに埋まっていた。

 

ネブラに到着した私たちは駐車場に車を止め、ビジターセンターとおぼしき建物へ向かった。

 

ビジターセンター(Arche Nebra)

 

ビジターセンターに入り、「出土地はどこですか」と尋ねると、係員の女性は「ここから約3km、丘を上がったところですよ」と教えてくれた。

 

丘を3kmも登るのか、、、、。

 

窓から見える丘の向こうが出土地

 

「シャトルバスもあります。あと10分で出発しますが、先に出土地を見ますか?それともプラネタリウムを見ますか?」

なんだ、バスがあるんじゃないの。よかった。もうじき出発だと言うので、ビジターセンターを見るのは後回しにして、バスで出土地に行くことにした。間もなくやって来たのは、バスというよりもワゴン車。中年の女性とその息子と思われる小学生男子が乗っていた。

「帰りは好きなときに歩いて戻ってくださいね。下り坂だから、大丈夫ですよね?」
シャトルバスと言いながら、片道であった。

森の中を抜け、あっという間に到着した原っぱにそのスポットはあった。

 

この丸いフェンスで囲まれたところから天文盤が発掘された

 

 

ディスクが掘り出された中央部には現在、このようなステンレス製の円板が埋め込まれている。空を映すこの鏡は「天空の目(Himmelsauge)」と呼ばれるそうだ。

ネブラ・ディスクの発見ストーリーは謎めいている。この天文盤は考古学者らにより発掘されたのではなく、盗掘品であった。違法な取引きによって人の手から手へと渡った後、2002年、正式に保護された。青銅器時代、この地に住んでいたウーネチツェ人が天体を観察するために使っていたとされる。しかし、肝心の天文盤はここにはなく、近郊の都市、ハレの先史博物館にある。丘の下のビジターセンターではそのレプリカが見られるだけである。

 

 

すぐそばには見晴らし台が建っている。

 

見晴らし台からの眺め

 

そして、この見晴らし台は日時計でもあるのだ。

 

 

地面に引かれたラインはブロッケン山という高い山の方角を示していて、夏至にはちょうどこの方角に太陽が沈む。人里離れた静かなこの地で青銅器時代の人たちがディスクを見ながら天体の動きを観測していたのだなあと想像すると、なんともロマンチックである。

 

さて、出土地を確認した私たちは満足し、3kmの道のりを下った。シャトルバスの運転手さんが言うように、下り坂なのですぐに降りてしまった。ビジターセンターではネブラ・ディスクについての展示やプラネタリウムを見ることができる。(ちなみに、プラネタリウムでは結婚式も挙げられるそうだ)

 

 

駐車場前にはこんなレストランがあり、なかなか雰囲気良し。

 

 

アプフェルシュトルーデルというリンゴのパイを頼んだら、ネブラ・ディスク風の盛り付けになっていて、でも、雑で可笑しかった。

 

 

 

 

2 thoughts on “世界最古の天文盤、ネブラ・ディスクの出土地を訪れる”

  1. 知りませんでした。ネブラディスク!! 天文盤も凄いけど、美術館の展示や周りの環境がすばらしいですね。ぜひ、行ってみたい。次の配信が楽しみです。

    1. 杉菜様 コメントをありがとうございます。ネブラ・ディスクもですが、この先史博物館自体もおすすめです。また読んでいただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です